ゼノブレイドの感想。

読んで字の如く。

 

とにかくゼノブレイド2が楽しみなんですが、その前に、私、ゼノブレイドゼノブレイドクロスもクリアしたこと無いんですよね。

Wii版無印ではエルト海でメリアちゃんと別れることになり挫折。クロスはストーリーよりも戦闘が楽しすぎてなあなあになってしまっています。

 

今は、3DSで、クロマメレバーを探しながら、ディノルサウラーさんから全デバフ抵抗を狙いつつ、マークスさんからベリタスグリフと取り巻きを乱獲してます。

 

まあ携帯機なので空いた時間に出来るのがいい。クロスはそうもいかないところがネックですね。

 

しかし、まあ、なんですか。面白いですね、このゲーム。なんといってもバトルが楽しい。

雑魚が本当に雑魚になるのはちょっと味気ないですが、強敵を倒すのは本当に楽しい。ダンバンさんいつもありがとうございます。

 

今は99レベルになってしまいましたが、70レベル位の時が一番楽しかったです。ゴンザレスさんやバルバロッサさん、ドールトン(猿の方)さんとの熱いバトル、かなり思い出深い。次作でもこの熱さ、体感できるといいなあと思います。

 

ただし、気絶スパイクはNG。モロ食らってしまった。

 

 

 

それに、ストーリーも良い。分かりやすい。 まあ、詳細は語るに及びませんが。

それに対して、クロスはバトル偏重なんですよね。決してクソゲーではないことを明記しておきます!

 

でも、BLADEって“ゼノブレイド”ありきだと思います。“ゼノクロス=異質な交流”ではダメだったんでしょうか。

 

どこか、前作ゼノブレイドの恩恵にあやかろうとした意思を感じます。

 

まあ、モノリスが作るRPGとして、“ゼノブレイド”という名前を定着させたかったというのも考えられますけどね。

 

ストーリーも悪くはないんですよ。

個人的にはエルマさん、苦手なんですけど。だって大人すぎるでしょ。リンちゃんやラオさんは感情的でまだ親近感がわきます。やっぱり地球人とは違うんでしょうか?

 

後、ゆる~いオンライン、私は好きでした。かなりネトゲを意識してますよね。上手く家庭ゲームに昇華させていると思います。

 

エンドコンテンツの充実がハンパないですからね。

 

エンドコンテンツといえば、今し方、雪檻のアバーシを倒しました。(と、ついにゼノブレイドをクリアしました。)

いやー強かった。

 

デイダラから夜間命中を奪取し、最高のジェム・装備で、ベルガザスは転倒ハメで余裕でした。

でもって、「このままアバーシ余裕かな?」と思ってしまったばかりに。

 

全然余裕じゃありませんでした。

転倒パーティーはシュルクラインダンバンで、ラインが壁、ダンバンさんは陽炎型でダメージソース、シュルク操作でゲージ回収。

 

駄目でした。

 

結局、シュルクフィオルンダンバンの素早さパーティーで。でも、凶暴化、それを乗り越えたと思ったら覚醒。これは、リキに任せた方がかなり楽だったのでは…。

 

ともかくゼノブレイドはこれで終わり。クエストもユニークもキズナもすべてやりました。

 

後はクロスをチクチクやっていくだけですね。

恋愛には障害が多い方が燃える。

見てる分にはですが。

 

ボーイミーツガールって良いですよね。

王道ですけど、“好き”を原動力に突き進むってやっぱり凄くて、見ていてこれほど心揺さぶられるものは他にはないと思います。

 

大抵、一目惚れした女の子が人外で、そんでもって人類の敵だったりして。

この古代の設定は、多分この先ずっと使い続けられていくのでしょうね。感慨深いです。

 

どんな作品でも主人公の少年は“本気で”悩み苦しみ、抗い戦い、時には泣き笑い、そして一人の少女を好きになる。

私はボーイですけど、本気になって何かをしたことなんて一度も無いんですよね。本当に情けない限りです。

 

ともかく、恋愛というものは達成が難しいほど燃えるもので、不可能なものはそこにはないんだ!という原理は、たぶんではなくて、確実に永久不滅であって、超絶ロマンチックではないでしょうか。

 

もっとそういう作品が増えればいいと思います。“萌え”も必要だと思いますが、根幹は“燃え”なんです。アニメでも漫画や小説でも熱くなければならないんです!

 

私は声を大にして言いたい!

 

 

 

はい。そんなこんなでゼノブレイド2は私が今一番待ち遠しいゲームなんです。このためにNintendo Switchを死に物狂いで(実際は結構簡単でしたが)手に入れたと言っても過言ありません。

 

ついに12月1日に発売されると発表されました。

プロコンまで発売されるとは。しかし、私は普通の買っちゃったので買いません。モノリスさん許して。だって聞いてなかったんだもん。2つも要らないしね。

 

まあ、その前にお部屋を改装する、DIYするので、工具箱出すついでに、Switchのドックを改造して、ファンを取り付けたいと思います。

 

 

難しそう…(小並感)。では。

人生で初めて見た。

人生で初めて見たという感覚。

 

初っ端から趣味的な話ではないんですけども。

例えば、自室の天井の四隅とか職場の窓からの何気ない景色とか、意識してみると人生でこれまでもこれからも見る事がないだろうという情景ってありますよね。

 

私は、そういったものを意識的に見ることで「嗚呼、今、自分は生まれて初めてこの景色を見てるんだ。」と感じてしまいます。

 

海外とか、ま、国内でも、自分史上初である綺麗な景色を見ることでこんな事を思うのは普通ですが、考えてみると日常にもそんな景色たくさんあるような気がします。

 

でも、これ、感動的な話じゃないですよ。だって職場から見える景色なんて、ただの斜面ですからね。

 

 

 

どうでもいい話は置いといて、本題。

 

Nintendo Switchを買いました!(6月に)

まあ、分かる人には分かると思いますが、コレが大変だったんですよ。おそらく、発売後に購入しようとした人の中ではまだ早くに手に入れられたらかな?アームズ発売前でしたし。

 

とにかく、品薄なんです。Switchは。

 

私も奇跡的に購入した訳ですが、それでもゼルダの伝説だけはフライングしてしまいまして、wiiU版でクリアしてしまいました。

 

今回のゼルダオープンワールド(オープンエアー)。完全クリアは難しいですが、それでも、要素を一つ残した状態でクリアしてしまいました。

 

まあ、何の問題が?と云うことですよね。それは、本当はSwitchでゼルダの伝説をやりたかったということなんですよ!

 

Switchが手に入った今!やらないわけにはいかんでしょう(笑)

 

いいんです。今回のゼルダはたぶん何回やっても面白い!高難易度なMasterModeというのもありますし。

 

ただ、少なくとも百数十時間かかるんですよね。間違いなく。

東方紅舞闘(移植)もゼノブレイド2も出るのに。

 

今年はゲームが豊作で嬉しいです。本家東方projectの新作もでましたし。

 

では、ゼルダの伝説してきます。

はじめまして。

はじめまして。

 

色々趣味の話をしていきたいと思います。

ゲームとか一般書籍だとか楽器音楽とか、最近は料理もするし、特に何がと言ったわけではありませんけど、日頃、やっていることを日記みたいな感じで綴っていきます。

 

よろしくお願いします。